デザインする | 店の独自性をアピールするなら、オリジナルが生きる手提げ袋

店の独自性をアピールするなら、オリジナルが生きる手提げ袋

色々な袋

デザインする

手提げ袋のデザインを考えるとき、長く使ってもらうことを中心に考えることが大事である。
また、デザインと一言でいっても、それは表面の絵柄だけを示しているのではない。
デザインの種類には、グラフィックと素材や形がある。
これらは全て独立しているように見えて、密接に関わっている。
バランスよく成立しているからこそ、良いデザインであるといえるのである。
グラフィックは表面を彩る図形や柄などである。
これらは最も人の目に止まり、小売店の特性を表現するものである。
手提げ袋は基本的に広い面に印刷できるので、企業のロゴや印象的な写真を印刷するのに適している。
手提げ袋に適したグラフィックというものがあり、基本的に大柄のものの方が見た目にも映えるといえる。

手提げ袋で次に大事なのが、形である。
形は服などでも同じ様に、面白い形式であればあるほどデザイン性が高いといえる。
持ちやすいことはもちろんのこと、見た目も可愛らしい、または先進的な形式であれば、持ち歩きたくなる。
こうした形に関わるのが、素材である。
形を作るときにはそれに適した素材を使う必要がある。
また、最も重要なのが、手提げ袋として持ち歩きに耐えることができる素材であるかどうかである。
重量のある商品を入れる手提げ袋であるにも関わらず、破れやすく重さに耐えられないものだと持ち運びに耐えられない。
また、絵柄にあった素材というものもある。
細かい絵柄だと、布地の手提げ袋だと細かい部分まで表現できない。
このため、ビニール袋や紙袋を利用するのである。

Copyright © 2015 店の独自性をアピールするなら、オリジナルが生きる手提げ袋 All Rights Reserved.