お店のアピール | 店の独自性をアピールするなら、オリジナルが生きる手提げ袋

店の独自性をアピールするなら、オリジナルが生きる手提げ袋

色々な袋

お店のアピール

お店を宣伝するには、色んな方法がある。
CMや雑誌、インターネット広告といった分かりやすい広告から、クーポン配布や口コミなどの地道な方法などがある。
特に口コミは地道な方法ではあり、最も原始的な宣伝方法ではあるが、利用客を呼びこむための効果的な作戦となる。
好きだという気持ちは人に伝わるもので、利用客がその店を好きになれば、友達や家族などをその店に呼びたいと思うはずである。
そう思ってもらえる店にするならば、利用客に対するサービスを密に行なうことが大事である。
そして、覚えてもらうことも大切となる。
良い店であると思ったとしても、それを伝える術がなければ口コミで広げることができない。
そのために、店では手提げ袋や包み紙などに店の名前が印刷されたものを使うのである。
しかも、そんな手提げ袋や包み紙を、ずっと持っていたいと思わせるようなものであれば、より伝わる確率は高まる。

手提げ袋は特に有効な手段である。
手提げ袋は商品を購入した後に、店側がサービスとして提供し、利用客が商品を持ち運びしやすいようにしたものである。
こういった手提げ袋は大型スーパーなどでは使われる機会が減ってきている。
ビニール袋を捨てることで、ゴミを焼却する時に発生する二酸化炭素量が増えるということで、レジ袋は有料になったのである。
しかし、返ってこういったビニール袋の配布が減ったことで、お店の手提げ袋が目立つことになった。
街を行き交う人が手提げ袋を持つのであるから、無意識に店の広告が刷り込まれているということになる。
デザイン性が高ければ、より人の印象に残ることができる。

Copyright © 2015 店の独自性をアピールするなら、オリジナルが生きる手提げ袋 All Rights Reserved.