手元に残る | 店の独自性をアピールするなら、オリジナルが生きる手提げ袋

店の独自性をアピールするなら、オリジナルが生きる手提げ袋

色々な袋

手元に残る

手提げ袋は丈夫に作られている。
これは、持ち帰る利用客が、安全に商品を手提げ袋で持ち歩き、自宅まで持ち帰ることができるように配慮しているためである。
このため、持ち帰った後でも長い間手提げ袋は使うことができるのである。
しかも、店によってはデザインが面白く、長い間持ち歩くのに耐えうるデザインとなっているのも近年作られている手提げ袋の特徴である。
元々、デパートなどの手提げ袋によって、こういった丈夫な手提げ袋を購入することは始まった。
デパートは高級な食品や衣料品を購入できる場所であり、このため1930年代や40年代は庶民の間でデパートは憧れの存在であったのである。
それを象徴とする袋であるため、貰った手提げ袋は大事に使うという人が多かった。
そういった伝統が、今も続いているのである。

本来は消耗品であるが、長く持ってもらうことを目的として作られている袋もある。
丈夫であることはすなわち、コストがかかるということでもあるが、あえて小売店ではこういったコストを袋や包み紙に使うのである。
それは、店の高級感を出すためと、長く印象に残ってもらうためである。
使い捨ての手提げ袋は家に帰るとすぐに捨ててしまうことがよくある。
そうなれば、印象にあまり残ることがない。
しかし、丈夫なものであれば、何度も利用し、職場や学校に持っていくことになる。
職場や学校では、大勢の人がおり、そういった人々の目に多く触れれば、より店に良い印象をもってもらうことに繋げられる。

Copyright © 2015 店の独自性をアピールするなら、オリジナルが生きる手提げ袋 All Rights Reserved.